実力がものを言う働き方

7月 7, 2017 · Posted in · 実力がものを言う働き方 はコメントを受け付けていません。 

IT系の個人事業主として活動すると、年収1000万円稼ぐことも難しくないという触れ込みを聞いたことはないでしょうか。確かに能力によってはそれだけの年収を稼ぐことも不可能ではありません。自分の力量がすべて収入に反映するので、能力があればあるほど収入も上昇していくでしょう。しかしながらすべての個人事業主がそこまで稼げるわけではありません。とりわけIT系は個人事業主として活動する人も多く、それだけ競争率も高い分野です。個人事業主 IT系として成功するためには、企業に勤めている時にしっかりと準備をし、スキルアップを図っておかなければならず、そうした準備をしっかりやった事業主が年収1000万円を超えるほどの収入を得られるようになるのです。

IT系の企業に勤めていると拘束時間が長いというのがネックとなることが多いようです。そうした拘束時間の長さから、独立を選んで個人事業主になる人もいます。個人事業主になると、自身の裁量で仕事量を調整することができるため、自由な時間を融通できるというメリットがあります。しかし、納期をしっかりと守らなければならないところは企業勤めのころと変わりません。また、個人事業主は特に自分の実力が収入に直結してしまう働き方です。そのため、実力によっては収入が安定せず、扶養するべき配偶者や子供がいるのになかなか家計を支えられないということもありえます。個人事業主として家計を支えようと考えているのであれば、これらのことをしっかり肝に銘じておいた方が良いかもしれません。